FC2ブログ

「クルマ買い替え」はいつすべきか

  新型の軽自動車、日産「DAYS」発売(3/28)になって、割とすぐに(4月中)、その気もないくせに通りがかりの日産ディーラーに立ち寄り、セカンドカーとして便利な現車(ミライース)の買い替えを検討中ということでカタログをもらってきた。

  その後、高齢者が加害者になる痛ましい事故が報道されて、もう60歳代半ばにさしかかる自分も、人ごとではないと感じ始めている。
powerPerformance_01.jpg
  あらためて「DAYS」のカタログを読み直すと、踏み間違いや衝突の可能性を抑制する(前に人がいればブレーキをかけてくれるなど)、プロパイロット機能(高速道路などで車線を守りながら前車に追従する、すなわちアクセル・ブレーキ・ハンドル操作をアシストしてくれる)などなど・・・現時点では安全装備が軽自動車では一番充実していそうだ。(その後、ダイハツも7月発売の「タント」で追いつきそう)

  早めにこれらの安全装備付きの車に乗り換えるべきか、自分自身の免許返納は果たしていつなのか、さらに進んだ自動運転車の実用化がすぐそこまで来ていそう、今のクルマはまだ乗れそう・・・

  考えるべき要素は沢山あるのだが、「安全は全てに優先する」という観点からは、早めの買い替えかなと傾きかけつつ思案している。(軽自動車と言え、全てを装備すると200万円超えになりそうだという経済的観点もある)

横浜中華街「ブタまん」

  関西に出張を重ねていた時に、初めて知った言葉が「ブタまん」、関東では「肉まん」というのが普通だと思うが、関西には「ブタまん」持ち帰り専門店(「551蓬莱」)があって、時折お土産に買って帰ったことを思い出す。

  先日の「横浜/大桟橋」への帰り道、近くの中華街へランチへ行こうとグルメサイトを検索すると、「江戸清」(創業明治27年)という老舗の「ブタまん」が人気だという。一個が250gというスーパーやコンビニの肉まんの倍はあろうかという大きさで、一個食べればランチには十分な量、訪れた場所で、いつもとはちょっと違った食(しょく)を試してみるのは、小さいながらも楽しみの一つだ。

スマホのデータ通信量を知る

  「スマホ代が高い〜」と嘆いている人が多いのだが、「じゃあ、月々どのくらいデータ通信量を使っているの?」と問えば、答えられない人が大半ではないかと思う。

  データ通信量(何GBか)など契約しているキャリアによって違うのだが、アプリなどを使えば簡単に調べることができるはずだ。下は自分自身で契約しているUQ mobileでの6月半ばの状況、先月の支払いは1837円、今月(6/14まで)のデータ通信量が1.19GBということが把握できる。

  通話しなかった先月の支払いは最低限で済んでいるし、私の契約はデータ通信量が3GBが上限だから、まあこのままなら十分クリヤ出来るだろうと読み取れる。

  大手キャリアと「データ通信量7GB」なんて高額の契約を結び、実は1GBほどしか使わないシニアは沢山いるはずだ。スマホの使い道がメールとLINE程度ではこんなものではないかと思う。大手キャリアによる「IT弱者」シニアへの「合法的なオレオレ詐欺まがい」ではないかと思ったりする。ご自分のデータ通信量を調べることをオススメします。

「父の日」プレゼント

  昨年末に結婚したばかりの長男夫婦から、「父の日」の午前中指定の宅急便でプレゼントが届く。

  最初封を切ったときは、何が何やらわからなかったが、コーヒー好きの私の趣向を考えての、プラのボトル入りのコーヒー(粉)らしい。

  何かのマーケティング調査で「父の日」の実施率は、「母の日」に比べて大きく劣るという。(これまでの個人的な実感と全く一致する)

  まだまだ抗がん剤点滴の直後は味覚障害があって、コーヒーの微妙な味が識別できないのだけど(元々出来ないという説もあり)、素直に「父の日」プレゼント感謝します。ありがとう。

マクロレンズで遊ぶ(5)

  様々な花が咲く季節、「花を美しく」撮るというのが、マクロレンズの「王道」的使い方なのかもしれない。

  我が家のプランターに咲いていた「かすみ草」(?、花の知識があまりになく違っているかも)を撮ってみる。

  ピントが合う範囲が極端に狭いこのような撮影、ひどくシビアなピント合わせに苦労するが、それに見合った綺麗な「ボケ」が楽しめる。絞りを開放に近くすれば、このようにとても柔らかな描写になる。(スマホでは到底この絵は撮れないだろう)

  写真における「ボケ」というのは英語では「 bokeh」というらしく、Wikipediaによると「レンズの焦点の範囲外に生みだされるボヤけた領域の美しさ、およびそれを意図的に利用する表現手法で、この概念や手法は日本国外でもbokehと呼ばれている」とある。

  写真の「ボケ」は美しくて綺麗なのに、人間の「ボケ」はどうして厄介なの?などと、またまたくだらないことを考えたりしている。

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌』の宣告を受け、即入院、手術して自宅療養中、4月より抗がん剤治療に入る。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR