FC2ブログ

ポンチョトイレ

  トレッキングを再開したいと思っている私、立ちはだかる切実なトイレ問題、それをクリアする策はないか。

  オジサンとは言え、トイレをしている姿なんて人様に見られるのは絶対に嫌である!そこでポンチョがセットになっている携帯トイレを見つける。
ポンチョトイレ
  トイレをしている姿が見えないようにビーニールポンチョがセットになっていて、小便にも大便にも使えて、トイレ処理剤を使用するので悪臭が長時間漂わないと・・・すかさずAmazonポチッ。

  早速、リビングで開封してポンチョを被って座り込む姿をしていたら、娘のバカにしたような視線を感じる。(イイよ〜、使わせないから・・・)

5000円超えのアンダーウェア

  近々、2泊3日の雪国への冬旅行を計画している(行き先は別途紹介します)。クルマ旅ではないので、結構長時間歩くことになりそうだが、先日のこの旅のシミュレーションを兼ねた街歩きで、日が暮れた後は、下半身がやや寒く感じた。

  ユニクロのヒートテックのタイツにモンベルのトレッキングパンツという構成なのだが、「ヒートテック」という素材は日常使いには良いのだが、トレッキングなど長時間履いて動き回るのには向かないのではないかと思い始める。(何かを買うときに現れる「病的症状」・・・)
detailimg_0427_018_020_5ddc8ebd36f74.jpg
  会員になっているモンベルのカタログなどが手元にあるものだから、アンダーウェアに求められる条件はと調べてみれば、
1) 暖かさが持続する・・・天候や気温の変化に対応できる
2)汗冷えを防ぐ・・・体力の消耗や不快感を軽減する(上の絵はこの項の解説)
3)においを抑える・・・発汗量が多くても安心
ふむふむ、なるほど・・・

  結局のところ、羊の毛から取られた天然素材である「スーパーメリノウール」のアンダータイツを買う。生地の厚さも選べるのだが、極寒地に行くわけではないので中厚手(ミドルウエイト)とした。ファッションとは無縁の、人目には付くことのない下着のタイツが5000円超え、ユニクロ・ヒートテックとは随分違います。(これで寒かったら怒るぞ〜)

オトコは持ち物になぜオーバースペックを求めるのか

  周りにいる(いた)男性諸君の持ち物を冷静に客観的に観察してみる。

  海に潜るどころか、果たしてこの人本当に泳げるのだろうかという色白オトコが自慢する、耐水性能300mというダイバーズウォッチ。まだ本格的キャンプを始めていないのに、愛車はアメリカ製ラダーフレームの本格的4WDというオトコ。南極の極地仕様というダウンウェアを暖冬の東京で着ているオトコ。高価なiphone 11 proを持っているのに3眼カメラの使い方を知らないオトコ。
Image-2.jpg
  最近、自分が考えていることは、
1)次のiphoneは何にしようか、今年はやはり「5G対応」(具体的に何に使えば良いのかよくわかっていない)だから新製品の発表まで待つべきなんだろうか。
2)手持ちのフルサイズカメラは所有して4年も経つので、そろそろ次は軽量なミラーレスカメラ(わずか100数十g軽いだけ)にすることで良い写真が撮れるのではないか。(カメラを替えたからといってそう易々と傑作が量産できるわけない)

  なぜ、オトコって、こうも不必要なオーバースペックを求めているんでしょうかね。

携帯ウォシュレット購入の大義

  ウォシュレットの「ヘビーユーザー」になってしまっている。直腸の大部分を失っているのだから、尾籠な話で恐縮だが排便の回数が普通の人より圧倒的に多い。だから正直なところ、ウォシュレットじゃないトイレには入りたくない。

  毎年正月元旦に家人の実家に泊まりがけで行くことが慣例になっているのだが、ウォシュレット・トイレではない。
totoYEW350top.png
  そこで年末に慌てて購入したのがTOTOの「携帯ウォシュレット」、安くはない(6000円ほど)のだが致し方ない。(使用時は水を入れて、手に持ち目標物めがけて乾電池駆動で水を発射する)

  日本国内ではウォシュレットトイレは街中に普通にあって、せっかく買った「携帯ウォシュレット」を持ち歩くことが全くないのだが、海外ではウォシュレットなんて存在すらしないのではないか、だから買っても無駄にはならない。(と思っている)

トレッキングパンツが行動をアクティブにする

  当たり前だがリタイヤしてみれば、普段はスーツやジャケットなどを着る必然性など全くなくなる。

  去年は病気で外出もままならなかったので、パジャマを着ている時間が一番長かったのだが、今年はそうではないだろう。今持っているカジュアルパンツはほとんどが「ユニクロ」、素材は綿が圧倒的に多く、やや伸縮性を欠く。
k_1105461_bk.jpg
  そこでモンベル・ショップで中厚手のトレッキングパンツ「ストライダーパンツ」を買ってみた。商品説明には以下のように書いてある。
 『横方向へのストレッチ性を備え、高いフィット感と運動性を実現したパンツです。適度なハリ・コシを持つしっかりとした質感の生地を採用。撥水性にも優れ、オールシーズン活躍します。』

  トレッキングが今すぐ始められるわけではないのだが、このパンツを普段着として穿くと歩きやすく動きやすく、何処にでも腰をかけたり、しかも軽くて心地よい。これだけで何やらアクティブな行動が取れそうになるから不思議ものだ。

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4/19より、「活動ブログ」に投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR