FC2ブログ

ヨーロッパ トラムの旅

  昨年は病気で行けなかっただけに、正直なところ「海外への旅」に出たくて、ウズウズしているのだが、現在のコロナの状況ではいつになることやらわからない。

  こんなときに見つけたのが、NHK・BS1の深夜にやっている『ヨーロッパ トラムの旅』、本来は8K向けの番組なのか(この辺りの事情はよくわからない)、NHKのHPには「8Kの高精細映像と5.1チャンネルの臨場感あふれる音でお届けするヨーロッパ・トラムの旅」とある。(我が家に4K/8K・TVはまだない)
プラハ
  うるさいタレントが出演しているわけでも、グルメで有名なレストランの料理が紹介されるでなく(ローカルの料理は映る)、市内の名所案内のナレーションすらない。軽快な音楽が終始流れる中、トラム運転席の横に置かれたカメラからの映像がメインで、車中から市内の様子を映し出す。時折、カメラはトラムを降りて、観光スポットを映し、このときに初めて場所を示す字幕が出るのみで、心落ち着く静かな旅番組だ。(既にプラハ、ベルリン編を観る、1時間番組)

  日本語ガイド付きの観光バス利用などと違い、自力で地図を見ながら、道行く人に身振り手振りで尋ねながら、トラムを利用しての観光というのは、その土地で暮らしている人々の息遣いが感じられて、個人的には大好きな旅のスタイルだ。次に計画する海外旅でも、是非ともトラムが利用できる都市を廻りたいと思っている。(これまで自分自身が経験したメインの移動手段がトラムの旅は、トルコ・イスタンブール、台湾・高雄など、国内では函館、金沢など)

路(ルウ) 〜台湾エクスプレス〜

路
  自分の人生の中で唯一住んだことのある外国が「台湾」(2007年より5年ほど駐在)、その台湾の新幹線プロジェクトを中心に、日本人と台湾人の心の絆を描く『路(ルウ)〜台湾エクスプレス〜』(NHK総合、日台共同制作)という三回シリーズのドラマが始まった。
路photo
  このドラマの1回目(16日放映、次回は23日)を視聴したのだが、波瑠が演じる主人公の恋愛ドラマのストーリーを追うというより、その街並み、出される料理、会話される言語(中国語だけでなく台湾語も)、あの活気ある街、夜のラウンジなど、一つ一つがとても懐かしく思い出されてしまう。

  私にとっては「外国」とは感じられない台湾、コロナが終息したら、是が非でもゆっくりと気の向くまま台湾の旅をしてみたいと思う。

見逃し無料

  1月から始まった連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、主演:松下奈緒)、癌に特化した「腫瘍内科」の医療ドラマとういうことで視聴している。

  ところが、第8回目(2/27放映)をついウッカリして録画しそこない、せっかくここまで観たのにどうしようと途方に暮れていた。調べてみるとあるんですね〜、「FOD見逃し無料」という名前で、フジテレビの最新ドラマ・バラエティを放送終了後から期間限定で配信するサービスが・・・
fod-free.jpg
  名前の通り、無料で利用できて、少しばかりのアンケートに答えるだけで、会員登録なども不要。番組の放送が終了した直後から、配信期間は基本的に7日間、次回の放送直前に配信が終了になるらしい。なので、連ドラだと最新の放送話のみ見逃し配信で見られるということになる。

  全部(ドラマ・映画・バラエティなど2万作品以上が見放題)観たければ、FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアム、月額888円(税抜)に入りなさいということなのだろうが、単なる録画ミス、見逃しの私は入らない。でも、こうした動画配信サービス、NHK含めて各局が始めている。自分の好きなときに観れて、コンテンツ次第なのだが、将来はこういう方向(インターネットTV)に向かうのだろうなと感じさせる。

アライブ 〜がん専門医のカルテ〜

  基本的にこれまで民放の連続ドラマはCMが多すぎるとスルーしてきた。だが、1月から始まった『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、主演:松下奈緒)は癌に特化した「腫瘍内科」にスポットを当てた医療ドラマとういうことで興味を持って視聴している。

  「腫瘍内科」は何かと調べてみれば、日本では歴史が浅いらしく、主に化学療法(抗がん剤治療)を専門をしているらしい。昨年来、私が治療のため検査や入院した病院には存在せず、外科医が化学療法を担当していた。
0629e4378840fac6f1d79a09f6b233fc.png
  ドラマは毎回ゲスト俳優が違う部位のがん患者を演じて、その様々な生き方や周囲との人間模様を描き一話に仕立てている。ネタバレするので、これ以上の内容は触れることはしないが、一つ言えるのは松下奈緒や木村佳乃みたいな美人の女医は実際の病院には残念ながら存在しない。(これだけは保証する)

『旅する鈴木 夫婦で世界一周』

  旅番組は元々大好きなのだが、最近見つけてお気に入りになったのが、『旅する鈴木 夫婦で世界一周』(BS朝日、月曜日22時〜)という番組。

  鈴木夫婦が世界のアチコチをめぐり、“オット”が“ヨメ”の旅の様子を撮影するスタイルで映像で作られている。普通の旅番組と違い、随行のカメラマンが撮るのではなく、自分たちがしている個人の旅に似ている。
suzuki_main_191007.jpg
  そのリアルな風景や、個性あふれる街の様子を、俳優・鈴木浩介と女優・鈴木杏が、旅の様子を楽しみながらトークを展開する、ちょっとユニークな構成。出演者が皆「鈴木」ということになる。

  自分が撮っている静止画の「写真」だけでなく、この番組の4Kタイムラプス(動画撮影速度を速くし、かつコマ送りのような表現方法を実現して「時間の経過」を表現する撮影技法)を観ていると、これまでやってなかった「動画」的映像にも、チャレンジしてみるかという気持ちにさせてくれている。

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR