FC2ブログ

「山メシ」クッキング

  我々の世代は「男子厨房に入らず」などと言われて、大事に育てられた訳ではないのだが、同世代の友人もしくは、その細君たちに聞けば、日常的に(1週間に一度でも)料理を作っているオジサンなどに滅多に出会ったことがない。(付き合う範囲が狭いのでしょうか、もっと若い世代はきっとかなり違うはず・・・)

  昨年来(病気だから致し方ないのだが)、365日食事を作ってくれている家人に少しは報いてみようかと、「今日の夕飯は作ってやる」などと言い放って、その後に少し後悔する。
DSC_9708.jpg
  スーパーでアレコレ悩んで買って来たのは「十和田バラ焼き」という味のついた冷凍肉、タマネギを適当に切って(キャベツも)、その上に解凍したコレを加えて、よーっくかき混ぜるだけ・・・
DSC_9709.jpg
  食卓に置いたカセットコンロ(「山メシ」は1バーナーが基本)で数分で料理完成。ビールのアテには最高です。「どうだ、やれば出来るのだ」と溜飲を下げて、飲み過ぎた一夜でした。(もう一品、鯖缶を使ったヤツも作りました、所詮「山メシ」の領域を越せません)

人の味覚はいつ決まるのか

  幼い頃、美味しいと思った味覚はなかなか忘れられない。

  在職中は営業職が長かったので、ある程度価格の高い(コースで1〜2万円)料亭の懐石料理なども、結構経験している。だが、あれを食べたいなどと、懐かしく思う味などは、一向に思いつかない。
DSC_9375.jpg
  今、美味しいと感じるもの何かと問えば、一例を挙げれば写真のような「いなり寿司」だったりする。母が何かイベント(遠足や運動会)のときに作ってくれたあの味だ。(写真は家人作なので当時のイメージとはちょっと違う、もっとシンプルだった)

  「後天的には味覚は育たない」ということなのか、ワンコインのランチなどでも、それはそれで満足してしまう味覚の持ち主なのです。(所詮、貧しい育ちなの・・・)

フレンチトーストでも作るか

  家庭内の「社会的距離」の保ち方を書いたが、ずっと距離を置いているばかりではない。

  この日は朝から激しい雨、これでは私も仕事が休みの家人も家に籠るしかない。私の役割は朝食前にデイサービスに行く母の体温を測り(緊急事態宣言の日から、家族全員の検温が求められている)、朝食後には浴槽掃除などをする。
DSC_8657.jpg
  土日など家にいれば、いつも作ってもらうばかりのランチ、この日は珍しく自分で二人分を作ることにする。一枚の食パンに一個の卵とミルクをたっぷりと染み込ませたフレンチトースト、それに淹れたてのドリップ・コーヒーだけというシンプルランチ。所詮、「オトコの料理」ってこんなもんです。(でも、「タンパク質」入ってます)

花よりコーヒーブレーク《秦野/弘法山ハイキングコース》

  弘法山ハイクの一番のお目当ては「花見」なのだが、程よく歩いて気持ちの良いアウトドアで、綺麗な眺めを見ながら、「食べる or 飲む」のはそれは楽しいものだ。
DSC_2243.jpg
DSC_2252.jpg
  アウトドア用品ではない自宅でいつも使用しているドリッパーとペーパー、それにジッパー付きのビニール袋に行きつけの焙煎珈琲店で買ったコーヒー粉を入れて持参する。何故なのか自宅で飲むのより、美味しく感じてしまうコーヒーに、コンビニで買った団子が妙にマッチする。

  こういう絶好の天気の日に、アウトドアで「コーヒーブレーク」、なかなかのものです。

「いきなりステーキ」

  近くの国道沿いにある「いきなりステーキ」店に行って来た。

  ステーキは大好物なのだが、ランチの価格なんて、ワンコインもあれば選択肢は思った以上にたくさんある。昼から「ステーキ」はどんなもんだろうと選択肢の対象外だった。それがこのチェーンの「大規模な閉店」のニュース、そこへ輪をかけて「新型コロナ」騒ぎ、外食産業はどうなるのか見たくなる。(アナタが見ても何にもならない)
IMG_0615.jpg
  頼んだのは米国産肉の「サーロイン200g」とサラダ、この店のランチセットメニューに付いているライス・スープはパスする。元々立ち食い形式で始まったこの店内はバーカウンターのような椅子しかない、メインの顧客はやや太めのガテン系男性だろうか、最低でも200gというステーキに、それだけライス食べたら身体は太めにならざるを得ないでしょうという感じ・・・

  私は付け合わせをコーンじゃなくてブロッコリーにしてもらう。肉だけのカロリーは調べれば700kca弱しかないので、筋トレした後であれば、たんぱく質はしっかり取れて栄養学的には問題はないだろう。(問題なのはこれで税込1650円という価格か・・・訪れたこの店舗も3月末で閉店とのこと、経営状況とてもマズイのだろう)

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR