FC2ブログ

写真愛好家たちの時間 《二宮/吾妻山公園》

  先日、「菜の花」撮影に行った吾妻山公園には、私が着いたときには、すでに写真愛好の3組の人たちがいた。男女カップル2組と女性二人組で、一人一人がそろって一眼レフカメラ(ミラーレスカメラ含む)を持ち、菜の花あるいは菜の花越しの風景を、それぞれのアングルや画角で、それは熱心に撮影している。

  ときどき写真趣味でないカップルなどがやって来ては、「まあ、綺麗」なとど言ってスマホで自撮りなどをするのだが、この人たちの滞在時間は本当に短かく、すぐに消えてしまう。
DSC_7561.jpg
  この日は雲が多く陰ったり日光が差し込んだりするので、夕刻ということもあり光は刻一刻と変わっていく
DSC_7628.jpg
  私自身、1本分の映画が観れるくらいの時間(2時間近く)も居て、この光の変化の中で随分とシャッターを押す。着いた時に居た3組のメンバーは、いつの間にか三脚などをセットして暗くなってからの対応を済ませている。三脚など持ってきていない私が帰る準備を始めても、彼らはその気配など全くない。

  日没時刻を過ぎての帰り道の下り階段は危ないだろうなどと、リスク管理優先の私(ヘッドランプは持ってました)、「写真愛好家」の域にはまだ達していないようです。

2019年も暮れていく

  個人的にはいろいろと重たいことがあった2019年も、今日の大晦日をもって終わる。「死」ということを初めて意識し、抗がん剤治療の辛さを知り、長い闘病でイラついたこともあったっけ・・・  こんなことが、あとで「笑い話のネタ」に出来たらいいですね。

  (葉山・長者ヶ崎からの夕景 左に富士山、右にかすかに江ノ島の島影が見える)  
DSC_7462.jpg

  みなさん、よいお年を。

ひとりロングドライブ《長者が崎/葉山町》

  あらかじめGPVで天気が良いと確認した上、自宅からはちょっと遠いのだが三浦半島突端を目指して走り出す。

  こんなロングドライブを試みるのも、実際に出来るのも、身体が戻りつつあり、かつ心にゆとりが出来たということだろう。途中の渋滞で目標の「三浦半島突端」に日没時刻前(日没1時間ほど前に着けば、下見を含めて良い写真が撮れると思っている)には着かないことがわかり、「長者が崎」(神奈川県葉山町)という駐車場の看板が目に留まりクルマを停める。
DSC_7408.jpg
  駐車場から砂浜まで急斜面を下りて、波打ち際すれすれに三脚を低くセットして、ややスローシャッター(この写真は1/13sec)で陽が傾いた時刻の海岸を撮ってみる。(奥に小さく突起のように見えるのが富士山)

  皆さんがワサワサして忙しい年末、余裕のある私の往復5時間あまりという「ひとりロングドライブ」でした。

イルミネーションの季節 〜宮ヶ瀬湖〜

  まだ病み上がりの身体なのだが、徐々に出歩く気力が湧いてくる。週末は混んでいるからと、平日(16日月曜日)夕刻に、自宅からはクルマで30分ほどの『宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい 宮ヶ瀬光のメルヘン』というイベント(神奈川県清川村)にカメラを持って出かけてみる。

 メインは高さ30m超のジャンボクリスマスツリーがイルミネーションを纏い、ドレスアップすること
DSC_7369.jpg
 飲食店が並ぶ通りにも電飾が連なる
DSC_7322.jpg
  昨シーズンまで7年もいた単身赴任の地で、この12月になると必ず行っていた仙台/定禅寺通りの『光のページェント』という全国的に有名なイルミネーション・イベントと比較すれば、それはこじんまりしていると言わざるを得ないのだが、この季節のわりに寒くはない(6〜7℃)中、2時間近い写真散歩を一人楽しんでしまう。(イルミネーションの上手な撮り方はいまだによく分からない)  

富士山夕景シルエット 〜秦野・菜の花台〜

  単身赴任の地(宮城)から帰ってきて、せっかく自宅のある神奈川に帰ってきたのだから、「富士山」の見える風景を撮れば良いものを、これまでは病気がそうはさせてくれなかった。

  入院中(今年3月)に窓越しにiphoneで撮って以来、今年初めてフルサイズカメラで「富士山の夕景」を撮りたくなる。行き先は秦野市の「菜の花台」という展望台、日没時間に合わせて着いたときは富士山に雲がかかって全く見えない。(写真下 夕日のすぐ右の雲の中に富士山がある)
DSC_7145_convert_20191027202357.jpg
  雲の天気予報(GPV)を見て、ここまで来たのに「失敗」だったかと思っていた。だが、しばらく待っていると雲が晴れ出して、美しい富士山の山景がシルエットで映し出される。(10月27日17:27撮影)
DSC_7203_convert_20191027202507.jpg
  昼間はTVのゴルフ中継などをダラダラと見ていたのだが、やっと倦怠感がやや軽く感じ始め、やや唐突に出かけたくなる。これが健康な時の私のパターン、この調子なら少しは行動範囲が広がっていくのだろう。

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR