FC2ブログ

「一区切り」をつけるとき

   7年前のほぼ同じ3月末の自分のブログを読むと前任地の台湾から去る日々を、彼の地で過ごした楽しかった日々を感慨深く綴っている。
    そして今週末は、「最後になる」単身赴任の地(宮城県)で暮らしていたアパートの引越しの準備に追われている。

     なぜ「最後」と言うかは、自身が同じ会社に勤続40年という終身雇用的で、極めて「昭和的なスタイル」を来月末で終わらせることを決意したからだ。
    これは今患っている病気が発覚する前から、ずっと考えていたことなのだが、同じ地位に7年という長過ぎる在任期間は、日常の仕事に段々と慣れてくるに従い、自分自身の毎日のモチベーション維持が難しくなってくる。自分の中で、こうした慣れが、ある種の「低燃費走行」を招いてしまうのではないかと感じていた。これが「一区切り」をつける一番の理由ということになる。(自分自身の再雇用制度の年齢制限満了まで約1年半ほどということもある)
      

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR