FC2ブログ

同病相憐む

  元勤務先(宮城県)に、私の「直腸癌」が分かってから、しばらく経って全く同じ直腸癌宣告を受けた男がいる。

  彼は私と違い初期癌だったのだろう、苦しかった「抗がん剤治療」をやっていなそうだが、私と同じストマ(人工肛門)造成はしていたそうだ。

(写真は本文と関係なし、宮城県長老湖から不忘山を望む、昨年11月上旬)

  しかも、私と数日違いで「ストマ閉鎖手術」をしたという。その彼から、手術が無事終わり、術後1週間足らずで退院したというメールが来る。

  今回の手術の経過では、抗がん剤治療を受けたか否かなのか、よく分からないのだが、術後の経過は大きな差となってしまった。まあ、今後とも「同病相憐む」、同じ悩みを抱えることになりそうで、せいぜいお互い情報共有していきましょう。

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR