FC2ブログ

CT検査「結果待ち」

  抗がん剤治療(再発を防ぐための補助化学療法)も半年が過ぎ、終わりが近づき、前回の問診で副作用の蓄積があり点滴はパス、投薬だけになった7クールの2週目が終わろうとしている。来週から8クールが始まるのだが、その1週間ほど前にCT検査(造影剤投与含む)を行う。

  CT検査の範囲を確認すると、「胸部から骨盤」までとある。『転移しやすいのは肺や肝臓、他にも腹膜、脳、骨などがある。』(国立がんセンターHP)らしいから、脳以外は網羅していることになる。検査そのものは造影剤を点滴するので、針を刺す時だけは痛いのだが、基本的に大きな苦痛ではない。
kenkoushindan_mri_man.png
  来週、主治医との問診時に、この検査結果が出ることになっている。試験を受けたのなら、ある程度は感触がありそうなものだが、今回の検査結果はただ祈るしかない。

  「結果オーライ」が出たと仮定しても、まだまだ再発の可能性は残ると思っている。癌の検査手段はCT以外にもMRI、PET、内視鏡検査などがあるが今回はCTだけだし、この検査で見つからなかったがん細胞がいつの日か再発する可能性もあると考えている。この検査で捉えられなかった癌細胞もあるし、医療関係のヒューマンエラーも多く出ているという例もネット上にはたくさんある。おそらく上手くいったとしても、今後も定期的に検査を受けながら、「癌とともに生きていく」しかあるまい。

【抗がん剤といっても何百種類もあるようなので、自分が投与されている薬名を明記して、万が一参考にされる方が混同しないようにしておく。通称XELOX法、点滴(薬名オキサリプラチン)、朝夕に飲み薬(ゼローダ)を服用を2週間、そして休薬が1週間という1クール3週間を、8回(24週間、約6ヶ月)繰り返す。7クールは点滴がなくなっている】

コメント

非公開コメント

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌』の宣告を受け、即入院、手術して自宅療養中、4月より抗がん剤治療に入る。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR