FC2ブログ

観光資源は作るもの 《金沢駅・21世紀美術館》

  金沢という街、第二次世界大戦での大規模空襲を免れ、現在でも武家屋敷や町屋などの古い町並みが残り、「加賀の小京都」という古都のイメージがある。ところが古いものだけではないことに気付く。

 写真下は金沢駅兼六園口、2005年に完成したという巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が観光客を出迎えてくれる。
DSC_8045.jpg
  さて下の写真は何でしょう?
DSC_7967.jpg
  正解は「金沢21世紀美術館」の展示物の一つ(写真下、名称を忘れました)で、近づいてみるとこの赤い紐みたいなのに鍵が引っかかっている。
DSC_7964.jpg
  この美術館(2004年開館)のチケット売り場で15分以上は並んだだろうか、兼六園や金沢城に隣接する市街地の中心部に立地し、現代美術をテーマとした展示を行っている。もっとも有名なのは「スイミング・プール」という作品、どのガイドブックにも載ってます。ご興味のある方は検索してみてください。(もちろん、写真は撮りましたが、「ああ〜アレか」と言われそうなので・・・)

  これら新しい観光スポット、「インスタ映え」やSNS発信の時代、外国人含め多くの観光客が一生懸命写真をとってました。この美術館、金沢では兼六園と並ぶ第2位の観光資源になっているという。競合に勝つ「観光都市」を目指す街づくりを推進するためには、こうした新たなスポット作りを継続する努力(投資?)が大事なのかもしれない。(お金のない地方都市は「観光都市」にはなれない・・・)

コメント

非公開コメント

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR