FC2ブログ

十五少年漂流記

  時間がたっぷり出来たのに、趣味が見当たらないとボヤく人に、子どもの頃熱中したことを思い出すと良い・・・と言う話はよく聞く。

  自由に使えるお金を得られる大人になって、本を再読することなど例外を除きなくなったのだが、それほど豊かではない子ども時代には、親が買ってくれる数少ない本を何度も何度も読み返すしかなかった。なかでも大好きだったこの物語、当時読んだのは多分子ども向けの妙訳だったのだろうが、あらためて図書館で『十五少年漂流記』(ジュール・ヴェルヌ著、椎名誠、渡辺葉訳)を、新型コロナによる臨時閉館になる前に借りていた。
十五少年
  少年の時代に無闇に心踊らされた冒険物、ニュージーランドの寄宿学校の生徒を乗せた帆船が、南洋の無人島に漂着する。8歳から14歳の少年15人だけで、この苦境をどうやって切り抜けるのか。もう読み始めたら止まらない、いつも図書館で速読する新書の倍はあろうかと言う400数十ページ、多分50数年ぶりの再読になる。

  冒険物フィクションなのだが、今気付くのはこの本が出版された時代(1880年)のころの欧米社会のあり方に基づいて書かれているであろう様々な事柄には驚かされる。既に多民族(イギリス、フランス、アメリカなど)が同じ学校が寄宿しながら学んでいること、少年たちが今でいうサバイバルの基礎技術みたいなものを持っていること(例えば銃で鳥を撃ち、それを料理して食べることなど→現代の日本人の多くは出来ないのではないか)、この小さな社会の中でのリーダー選出法(多数決による、黒人は投票権がない)、年少者への教育・・・

  この歳になって読んでみても、くだらないTVをダラダラ観るより、十分に面白い冒険譚。全てが分かったような振る舞いしがちな、冒険心がなくなったと感じている大人にオススメしたい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」。

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
Ai Nikkor 50mm/F1.4S
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED

ニコン1/J5
ニコン1/V2
1 NIKKOR VR 10-30mm F/3.5-5.6 PD-ZOOM
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR18.5mm F/1.8
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR