FC2ブログ

還暦からの底力

  新聞の3面下段あたりに「売れ筋本」として、よく広告が載っている『還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方』 (講談社現代新書、出口 治明著)を題名につられて読んでみる。

  非常に多くの本を出版し、週刊誌などの連載も多く、講演などの数もこなしているこの筆者、読書家で相当博学なんだろう。本の題名から還暦過ぎのシニア向けに書かれた本だと思われるかもしれないが、内容はどの年代が読んでも良いことが多く含まれているので、若い人が素通りすることはない。ひょっとしてシニア向けの題名をわざわざつける方が、本として売れるのではと勘ぐってしまう。(若い人は一般論として本を買わない?オジサンだって本読まない人はたくさんいるのに・・・)
71RQqGlEdaL.jpg
  本の内容は多岐に渡るので、ここでは多くを書かないが、自分がアンダーラーンを引いたいくつかピックアップすると
・人間は一生懸命自分の好きなことをするのが一番幸せ。
・「人・本・旅」でいろいろな人に会い、いろいろな本を読み、いろいろなところに出かけて行って刺激を受けたらたくさん学びが得られ、その分人生は楽しくなります。
・生殖機能を失った高齢者が生かされている歴史的、生物学的意味は、次世代を健全に育成すること。
・人生において教養が重要である理由は、教養がある人は、教養がない人に比べて豊かで楽しい人生が送れるから。「教養=知識×考える力」であり、これは「おいしい人生」を送るためには必須。

  お暇なら本屋でパラパラめくるのも一興かと。

コメント

非公開コメント

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコンD750
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D

ニコン1/J5
1 NIKKOR VR 6.3-13mm F/3.5-5.6
1 NIKKOR VR 30-110mm F/3.8-5.6

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR