fc2ブログ
  1. TSUTAYAが消えた

    TSUTAYAが消えた

      最寄駅近くにあったTSUTAYAが昨年末をもって閉店してしまった。  我が家の子どもたちが小さい頃、毎週末VHSのレンタルビデオをこの店で借りて、一家揃って観ていたことを思い出す。この当時はレンタルビデオ全盛期、それはDVDになっても続いていたはずだが、いつの間にやら動画配信サービスなんて便利なものが出て来れば、自分の空き時間に自由に観れるし、当然のことながら返し忘れもなく、より楽で便利なサブスクに流れる...

    0
    2024/01/16
  2. おせちがあるから集まるのか、集まるからおせちを作るのか

    おせちがあるから集まるのか、集まるからおせちを作るのか

      今年の正月も当たり前のように家族が集まる。  家人が年末29日あたりから、結構大量なおせち手作り(買い出しはもっと前から順にやっている)、大晦日にやっと完成すれば、帰省した娘と嫁さんが一所懸命重箱に詰めてくれる。横から孫が小さな可愛い手を出してパチリ。(下写真)  おせち作りは普段の食事と違い1日や2日では終わらず、前もってやるべきことが色々、段取りを考えることが大事とおせち作りの人(家人)は言う...

    0
    2024/01/04
  3. 喪中ハガキの季節

    喪中ハガキの季節

      年賀状を考えるこの季節になると、喪中ハガキが届き始める。  賀状のやり取りをする人(概ね「自分の年齢」+10歳〜ー20歳くらいか)、もしくは連れ合いのご両親のどちらかが亡くなった連絡と受け止めている。現時点で届いている5枚の喪中ハガキ、そのお亡くなりになった年齢は84歳(私の叔父)から97歳(女性)まで。 写真 今年9月に旅したプラハ城の中にある「聖ヴィート大聖堂」  賀状に限らず、この時期になるとTVな...

    2
    2023/12/03
  4. 老人会は消えたのか

    老人会は消えたのか

      「老人会」という組織はどうなっているの。  特養に入所してしまった91歳の母は、60代から「老人会」に入っていたはず、「短歌」や今はすっかり見かけなくなった「ゲートボール」なんかも、この会の下部組織でやっていた。ところが立派な65歳以上の老人(?)になったはず自分には、「老人会」からのお誘いは一切ない。「老人会」という組織自体が、この地域で消えてしまったのか。  私が入会しているフィットネスクラブ(...

    4
    2023/12/02
  5. 自宅の周りの通行止め

    自宅の周りの通行止め

      自宅の周囲の道路、このところズ〜っと昼間の間、アチコチで通行止めが続いていて不便で仕方がない。  工事の目的は水道管の交換工事ということらしいのだが、人間の身体も老化が進むが、水道管だって老化ならぬ老朽化が進む。調べてみれば、水道管の法定償却年数は40年、我が自宅界隈の住宅地が出来たのは、もう50年以上前だから、耐用年数を超えての交換なんだろうか。  これからますます少子化や人口減少に見舞われ、そ...

    2
    2023/10/30