fc2ブログ

TOKYO 2020 「おうち観戦」準備完了

  コロナ禍で、ちーとも盛り上がらないでいる「TOKYO 2020」が始まる。生観戦は一度たりとも出来ないが、せめてTVで観戦しようと、このための雑誌を2冊も買って来た。

   『東京2020オリンピック公式ガイドブック』 (カドカワプレミアム、1980円)、『ザテレビジョン増刊 東京2020オリンピック テレビ&配信オフィシャル観戦ブック』(角川マガジン、850円)
DSC_1978.jpg
  自宅で盛り上がるためには、まずTV放送を中心に、ネット配信情報なども必要。全体の競技スケジュールを把握した上で、「おうち観戦」を精一杯楽しむしかないじゃないか。自分が生きている内には、自国開催なんてないのだから、このために練習重ねて来た日本選手たちを精一杯応援しちゃおう・・・(つまらない夏にならないように)

#おうち観戦
#東京2020オリンピック公式ガイドブック
#ザテレビジョン増刊 東京2020オリンピック テレビ&配信オフィシャル観戦ブック

OHTANI中心に生活が回っている

  MLBエンゼルスの大谷翔平選手の大活躍を、ここであらためて書くほど野暮ではない。

  2年前(2019年)の術後、春からきつ〜い抗がん剤治療が始まり、家に居ることを強いられていたとき、時差の関係で朝から始まるMLB中継の観戦を仕方なく始めた。この年は肘の手術後でバッターの専念していた大谷選手だが、毎日打者として活躍する姿を見るのが、抗がん剤の影響で倦怠感などで悩む自分の楽しみの一つになった。

  今週号(7/19日)の「週刊ベースボール」の特集記事表紙
IMG_0093.jpg
  昨年はコロナ禍でMLBも試合数が激減、そして今年はご存じように表現できかねるような素晴しい成績、大谷選手の試合を基準に生活を組み立てている。コロナ禍の話題で、ワイドショーは同じような政治家の話と(与野党とも)、それに、ち〜っとも建設的でないコメンテンターのご高説では面白いはずがない。こんな明るくない時代に、大谷選手が次々と打ち立てる記録は沈んだ気持ちを明るくしてくれる。先発マウンドに立つ試合などは、投げ終わるまで全て観ている。DH(指名打者)出場の試合こそ、全て観ているわけではないのだが、観られないときはネットで1打席1打席の結果を確認することが最早日課にすらなっている。

  言わば、生活自体が「大谷」中心に回り始めていて、これは何も私だけのことだけではなく、今年はこんな人が多いのではないだろうか。(HRダービー、オールスターゲームもたっぷり楽しませていただきました)

#大谷翔平

幻のオリンピックチケット

  随分以前(コロナ禍の前)に、東京オリンピック・チケットのオンライン抽選の申し込みをした。結果はあっけなく全て落選。

  チケットがないので、東京オリンピックの生観戦は無理かと思っていたら、息子がサッカー男子の準決勝の2試合のチケット(各試合2枚)をゲットしたという。しかも同日開催のため、片方を「差しあげる」という、これはラッキー!
DSC_5176.jpg
  小学生だった前回の東京オリンピックは1964年、亡くなった父はナント家族をさしおいて、一人で陸上競技を観に行ったことを生前自慢していた。私の年齢を考えると、日本開催のオリンピックとしては、生観戦出来る最後のもののはずなんだよね。そこへ、ここへ来ての緊急事態宣言の再々発出、どうなるのやらと様子を見ていたら、結局首都圏は「無観客」という結論で、あえなく「オリンピック・チケット」は幻に・・・

  最初の抽選の時には、開会式1シート16万円なんてのを2席分申し込み(他にもたくさん申し込む)、あまりの総計金額に当たったらどうしようなんて、思っていたことが懐かしい・・・・あれ当たってても、ゼ〜ンブ無効だったのね。(こうなりゃ、次の「パリ」行ったろうか・・・)

#東京オリンピック
#チケット

相撲観戦始めました

  時間があるからと言って、急に新たなジャンルの趣味が増えることなどはない。知識もない興味もないことには、面白みを感じず長続きなどしない。

  大相撲のTV観戦というのは実にまだるっこしい。NHK・BS1が午後1時から中継が始まり、総合TVにバトンタッチして6時まで延々と5時間も放送している。幕内以上の取組を観るにも2時間はかかり、それが一場所15日間連続で続く。
img_main.jpg
  今場所、NHK・BS1で深夜に放送している『幕内の全取組』(0:25〜0:50)という番組の録画視聴を始めた。これならたった25分で、その日の幕内力士の全ての勝負が観れる。観ているうちに力士の顔や体型と四股名が少しづつ一致するようになって来た。

  その内贔屓の力士などが出来て、決まり手などの相撲の基本的知識が増えれば、もっと大相撲が楽しくなって行くかもしれないと思わせる「2021年初場所」となる。(コロナ明け、国技館の桟敷席のチケットでも取って生観戦に行きますか)

もうTVなんか要らない

  個人的に待ちに待っていたプロ・ゴルフ観戦、先週の米国男子に引き続き、国内女子ツアーが始まった。

  無観客で行われている開幕戦「アース・モンダミンカップ」、新聞のTV欄で探すが見当たらない。大会のHPで見るとなんと、初日から4日間とも朝7時からライブでネット中継をしている。
モンダミン
  しかも、4つのチャンネルが用意されていて、「トーナメント全体中継」、「注目ホール中継」、「選手インタビュー」、「9番ホール中継」の4種類を見ることが出来る。しかもCMがないので、普段は映らないタイミングの選手の一挙手一投足が余すことなく楽しめる。

  スポーツの醍醐味はリアルタイムの中継だと思う。コロナが無ければ、夕刻にいいところだけの、CMたっぷりの録画ダイジェストのTV放映だったようだが、観客なし、プロアマなしというコロナ禍、これを「奇貨」(得難い機会)として新たな楽しみ方(ネット中継)を更に発展させて欲しいものだと思う。(英断のスポンサーに拍手)

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコン Z6Ⅱ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

ニコンZ50
NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR