fc2ブログ

GWに今年の旅を想う

  世の中がGWに突入、しかしながら「毎週がGW」の生活に慣れている私に実感がない。

  とは言え、このGW中には久しく会っていない医療従事者の妹が来たり、近場であるが4年ぶりという1泊キャンプ、それに一番期待しているのは初孫訪問がある。

  写真は夜桜撮影に行った「東京ミッドタウン」(東京都港区)に隣接する「檜町公園」(露光時間20秒で雲が流れて何やら幻想的に)
DSC_1772.jpg
  GWやお盆の時期など混雑が予想されている時にわざわざ高い料金を払ってまで、旅をする気など毛頭ないが、この期間に、気候の良くなるこれからの旅計画でも思案しようかと思う。旅の楽しみは「行く前、旅のプランを考えているとき」というのが私の持論。円安やコロナで海外旅行のハードルが高いが、絶景山旅、昨年トライしたJALの「どこかにマイル」での行き当たりばったり旅も面白い。

  旅の計画で前頭葉を少しでも思考力を使えば老化が遅れる。(ホンマかいな)

#GW
#今年の旅

「パッカブル」、旅の荷物は軽く

  登山ではなくとも、軽い山歩きや歩き旅などをしてて思うのは、絶対に「荷物の軽量化」を図るべきだということ。

  老いいく「なんちゃって体力」しかないのに、あれやこれや持って、坂道を登ったり長い道のりを歩くのは骨だし、疲れては楽しめない。旅では「軽さ=正義」だと思う。(「軽さ=高価」でもある)
DSC_7921.jpg
  荷物になる分厚いコートなど脱ぎ捨てて、インナーダウン(写真左、モンベル、わずか130g)を上着(ソフトシェルなど)の下に着込めば、かなりの寒さは凌げるし、これでも寒ければレインウェア(写真中、モンベル)で防風すれば、氷点下何度という首都圏にはない厳冬期以外は大体OKになる。マフラーなどもネックウォーマーやバラクラバを使えば軽量化できる。これからの暖かい季節はウィンドシェル(写真右、ユニクロ)も役に立つ。

  ということで、私のバッグパックにはパッカブル(またはポケッタブル、折りたたんでコンパクトになるアウターなど)製品が常に入っている。(旅だけでなく、「生活も小さく」したらという天の声)

#パッカブル
#旅
#荷物は軽く

雪の杉並木《戸隠神社/長野県長野市》

  長野県北部に大雪警報が出ている中、二千年余りに及ぶ歴史を刻む「戸隠神社」(長野県長野市)に行って来た。

  本来なら、この日は志賀高原のスキー場を滑っている予定だったが、一緒に行くはずだった息子の伴侶の親戚の不幸で、息子が行けなくなる。宿泊予定の宿のキャンセルも効かず、やむなくスキーをしない家人との旅への趣旨変更する。
DSC_0887.jpg
  5つの社殿を有する神社だが、今回向かったのは「奥社」、入口の駐車場近くの鳥居から奥社までは約2kmの参道を歩く。雪のない季節なら、なんてことはない距離なのだろうが、ご覧の通りの中を雪装備をして歩くのは結構ハード。上はちょうど中程にある「隋神門」。(通りがかった赤青のウェアを着たカップルの後ろ姿を拝借しました)
DSC_0869.jpg
  隋神門をくぐると、樹齢400年と言われる杉並木が数百mほど続く。これが異世界のような神々しい巨大さで、広角24mmレンズ(フルサイズ換算)を縦構図にしても収まりきれない。奥社近くの登り坂は、もともと階段なのだろうが、雪に覆われて、一苦労しながらのお参りとなる。(我々は片道約2kmを1時間以上かかりました)

  この日は土曜日ということもあり、結構多くの参拝客とすれ違うが、スノーシューを履いて歩く準備万端な人から、おいおいスニーカーじゃとっても無理だぜと、声をかけたくなる人まで色々。(昔、吉永小百合がJR東日本のCMで紹介していた観光スポット)

#戸隠神社
#長野市
#奥社
#隋神門

昼と夜の顔 《松本城/長野県松本市》

  今回の信州路の旅、一つ目の目的地は「松本城」(長野県松本市)。随分と昔、子どもたちと一緒に行った覚えがある。

  まずは、あのときと同じくお城の周囲を巡って、400年以上という歴史のある天守閣に登る。「バリアフリー」とは全く逆の極、6階構造で一段一段の段差がとってもキツイ、よほど鍛えておかないと、あと10年もしたら足腰が無理かもしれない。(昼間にもかかわらず、お堀は凍ってました)
DSC_7247.jpg
  一度、引き上げて暗くなってから再度訪問、これが主目的のイベント。(下写真、音響もあり臨場感のある情景は動画じゃないと伝えられない)
DSC_0440.jpg
  今年12月1日から来年2月28日まで、レーザープロジェクションマッピングによる「松本城〜氷晶きらめく水鏡〜」が開催(午後6時〜9時)されている。

  真面目に歴史のお勉強もいいけど、音楽が流れての3時間「映えるお城」のビジュアルでした。(氷点下と寒いので、開始時刻の頃は三脚立てるの憚られるほどだったけれど、あまりの寒さに7時ごろには閑散としていた)

#松本城
#松本市
#レーザープロジェクションマッピング

大きなミスのツケ=「夜行高速バス」

  今回の「高松の旅」、とっても元気に楽しく回れたのだが、帰路は何と「夜行高速バス」利用。

  JALの「どこかにマイル」だから往復飛行機じゃないの?という方に弁明をする。実は予約するときに、往路復路の日付を同日にするという、とんでもないヘマをやらかす。2泊するつもりで高松の宿の手配も済ませていた旅の直前に気付き、JALに掛け合うが、特殊なチケットということで、変更不可能と言われてしまう。

  「小さなミス」写真、香川県坂出市からの「瀬戸大橋」(暗くて長秒露光したが、ミニ三脚の設置が芝の上なのでブレている、拡大すると分かります)
DSC_0311.jpg
  一時は宿をキャンセルして、「讃岐うどんを日帰りで食べに行く旅」に趣旨を変更しようかと思った。(笑)「正規運賃の航空券は馬鹿馬鹿しく高いし」、「夜行高速バスを体験しちゃおう」という家人の暖かいフォローの言葉により、やや高級な3列シートトイレ付きバス(片道8900円)を予約。こういうことで高松21:15発の夜行バス乗車、横浜を朝の6時過ぎに到着。

  還暦夫婦にはややハードかと思いきや、意外と使えるんじゃない。旅の選択肢が増えたとポジティブ思考。(ホンマかいな)

#大きなミス
#ツケ
#夜行高速バス

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコン Z6Ⅱ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

ニコンZ50
NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR