fc2ブログ
  1. 2022年 私の『カムカムエヴリバディ』

    2022年 私の『カムカムエヴリバディ』

      若いときにはすっごく苦手にしていた英語、40歳過ぎて仕事の必要上勉強を再開。それ以降は必要がなくなっても学んでいるある意味、20年来の趣味になっている。(ホンマかいな)  TV録画した英語番組を視聴するの続けてきたのだが、このところサボり気味、英会話のラジオ番組をネタにした朝ドラを見て刺激を受けたからではないが、NHK発刊の英語テキストを買ってきた。『杉田敏の現代ビジネス英語 2022年 春号』  自分が...

    2
    2022/03/28
  2. 「キリがない」から面白い

    「キリがない」から面白い

      もう日常生活では全く使わない英語なのだが、NHK/Eテレの「もっと伝わる即レス英会話」(毎週月曜~木曜 午後11時20分)と「太田光のつぶやき英語」(毎週木曜 午後10時55分)は単語帳にメモを取りながら録画視聴している。  中学1年生の「This is a pen.」以来、勉強すること50数年、中高校生の頃の自身の英語の成績(偏差値)は、おそらく主要科目の中では最低、文系でも理系でも英語は必須科目の大学受験では、随分と苦...

    2
    2021/09/04
  3. 旅とserendipity(素敵な偶然)

    旅とserendipity(素敵な偶然)

      すっかり使わなくなった英語だが、未だに少しずつではあるが勉強を続けている。    語学を学ぶことで、自分にとっては新鮮に感じる文化であったり考え方に気づかされることが多い。最近知った単語に、「serendipity」(セレンディピティ)というのがある。手元のリーダース英和辞典を引くと「思わぬ発見をする才能、思いがけないものの発見、運よく発見したもの」とある。旅先での思い出深い出会いや素敵な偶然などを指す...

    2
    2020/12/03
  4. ネット英文記事は辞書要らず

    ネット英文記事は辞書要らず

      コロナ禍のニュース、日本のTVや新聞ばかり見ていると同じ内容の報道、似たような意見(賛否両方の意見とも)などの羅列で面白くない。そこでGoogle Newsの左端にある「言語と地域」を、例えば「日本語(日本)」から「English (United States)」に変えてみると、米国でどういう記事がトップに来るのか(すなわち重要視されているか)、日本の伝え方とどう違うのかなどがわかって面白い。  ネット記事で辞書を引くときに便利...

    2
    2020/05/20
  5. 放送大学で英語を学ぶ 〜「おうち時間」の過ごし方〜

    放送大学で英語を学ぶ 〜「おうち時間」の過ごし方〜

      リタイヤして時間があるからと、毎日のように一つの趣味に没頭してやり続けることなど、凡人にはなかなか出来ない。別に今回の「コロナ騒ぎ」が無くても、リタイヤしてみれば、ふんだんにある毎日の時間をどう使うかは、個人にとっては非常に切実な問題となる。  私のような凡人は趣味種目は出来うる範囲で多く、かつ興味を持っていることは「学ぶ」ことにすればいいと思っている。大体、「学ぶ」ということに、終わりなどは...

    0
    2020/04/10