fc2ブログ

人はなぜ戦うのか―考古学からみた戦争

  このところ、北朝鮮がミサイルを立て続けて発射するニュースを見ながら手に取った本は、『人はなぜ戦うのか―考古学からみた戦争』 (講談社選書、松木 武彦著)。

  筆者は考古学者、1万年以上続いた縄文時代には戦争はなかったのではないかと。もちろん頭蓋骨に矢じりが刺さった人骨などは発見されているのだが、これは個人的な喧嘩や殺人の類で、集団同士が行う「戦争」ではないとする。
人はなぜ戦うのか
  縄文時代が終わり、農耕社会になると(弥生時代)、生産物である穀物には栄養があり、成人の寿命を長く、子どもや赤ちゃんの死亡率を低くする。しかも、加えて「定住」化が進むと、狩猟生活で移動を伴うときより、弱者(老人や子ども)が足手まといにはなりにくく、こうして人口の急激な伸長をもたらす。しかしながら、土地や水の律速、気候不順などにより、常に飢餓のリスクというのが付き纏う。そこでこれを打開するために、近隣同士の「戦争」(集団的闘争)という思想が芽生えたというのが、この本の大雑把な要約だろうか。(もっと奥深いことがたくさん書いてありますが、超短縮版エッセンス)

  「飢餓の危機」は未だにかの国にありそうで・・・

#人はなぜ戦うのか
#考古学からみた戦争
#松木 武彦

コメント

非公開コメント

プロフィール

風城しん

Author:風城しん
1950年代半ば生まれ。時間があるのでいろんなことに興味を持つ。日々、思うこと、感じたことを少しずつ書き留めて行きます。

2019年2月『直腸癌ステージⅢ』の宣告を受けて即入院手術。4月より半年間の抗がん剤治療、その後、一時的ストマ(人工肛門)閉鎖手術を年末に終え、現在は「経過観察フェーズ」中。

所属する神奈川写真会ホームページへは以下をクリックして下さい(2020/4月より「活動ブログ」「WEB写真展」などに投稿始めてます)

➡︎神奈川写真会HPへ

【撮影機材】
ニコン Z6Ⅱ
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
AI AF Nikkor 35mm f/2D
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
NIKKOR Z 24-200mm f/4-6.3 VR

ニコンZ50
NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

iPhone 7

ランキング参加しています

応援よろしくお願いします

アクセスカウンター

2013.5.2 設置

時系列アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR